あらゆる場面に適したゴム

シリコーンゴム

シリコーンゴムは、耐熱性や耐寒性に優れているため、あらゆる場面に適しています。そのため、通常のゴムなら耐えられない環境でもシリコーンゴムならその形状を維持しているのです。

詳細を確認する

プラスチック容器の種類

プラスチック

プラスチック容器にはいくつかの種類があります。容器によって適した食材などが異なるため、プラスチック容器を利用する場合は特徴などを理解して選ぶことが大切です。プラスチック容器は主に食品を入れるため清潔な工場で製作されています。

詳細を確認する

製品の特徴

ポリカーボネート板の市場価格

作業員

ポリカーボネート板はいわゆる透明プラスチックの一種である。 そしてその特徴は、透明プラスチックの中でも抜群の耐衝撃強度を誇っていることだ。 ポリカーボネート板は住まいや公共施設など、さまざまな建築物の構造物として使われている。 そのため市場には広く出回り、サイズや規格も多様に存在する。 一般的には板厚が2ミリから10ミリ程度のものが販売されており、その板厚とサイズで値段が変わってくる。 通常、ポリカーボネート板販売はフリーカットで行われるが、一例を挙げると、板厚3ミリ・1平米で約6000円、板厚8ミリ・1平米では16000円程度になる。 また、ポリカーボネート板は平板の他に、波板として利用されることも多く、この場合は板厚は1ミリ以下で売られることが多く、1枚おおよそ1000円〜2000円といったところである。こうしたプラスチック製品は、タキロン株式会社が有名だ。

ポリカーボネートの歴史

ポリカーボネートの歴史は1953年にさかのぼる。 同年、ダニエル・W・フォックス博士がLexanポリカーボネートを発明し、そのたぐいまれな強度により1962年にはNASAが宇宙飛行士のヘルメットとバイザーにLexanポリカーボネートを使用した。そして1969年には月面に到着している。 ポリカーボネート板ができるのは1968年のこと。これを境に、窓・看板・温室などに利用されるようになった。 ポリカーボネート板は板厚を増していき、弾丸を阻止できるほどの強度を手に入れる。 その後、航空機・自動車の各種部品、光ディスク、モバイルコンピューティング、医療機器、防弾ガラスなど、軽くて強度が必要な製品に積極的に利用されることになる。