大量生産に向いている

金属

トムソン立体抜型は、打ち抜き加工のことをいいます。牛乳パックを開いたような展開図を一つの紙やダンボールか抜き取るときに使われる刃がトムソン刃という名称になっています。トムソン立体抜型は、ダンボールを箱の形にするために加工されます。折れる部分や切り込み部分などをトムソン立体抜型を使って行ないます。これらは、自動に加工されるようになっているのでとてもスピーディに加工をすることができます。立体抜型の加工をされるとダンボールに企業名などがプリントされ、いろいろな機械によってダンボールが製造されていきます。
立体抜型に使われるトムソン刃を変えることで抜型が代わり、箱の大きさや形を変えることができます。これは、ダンボール以外にも厚紙など立体になる商品のパッケージを作るときに必要な加工です。
お菓子の箱などを作るときもこのトムソン刃を使って立体抜型器を使います。トムソン立体抜型だけでなく、いろいろな機械を組合せて一つの形を作ることができるので知っておきましょう。
新製品を開発した後に箱などが必要になるときはトムソン立体抜型加工を行なっている業者に相談をしましょう。すると適切なパッケージを作ることができ、新商品にふさわしい箱を作ることができるでしょう。
トムソン加工では、比較的安いコストで行なうことができるので、経費削減としても効果的な加工方法でしょう。また、大量生産にも向いているので、多くの加工が必要なときに依頼をしましょう。