プラスチック容器の種類

プラスチック

食品トレーや使い捨てのお弁当箱などで多く見られるプラスチック容器には、いくつかの種類があります。スーパーマーケットなどで生肉や生魚が入っている発泡スチロール容器や、衝撃に優れた容器はポリスチレン容器といいます。ポリスチレン容器の中にも、二軸延伸ポリスチレン容器や、耐衝撃性ポリスチレン容器などがあります。これらのプラスチック容器は、透明で硬いのが特徴です。また、熱や油に強いプラスチック容器をポリプロピレン容器といいます。主にお弁当箱やスープ入れなどに使用されています。フィラー入りポリプロピレン容器や、発泡ポリプロピレン容器などといった種類があります。また、透明で強い容器をPET容器といいます。発泡PETやA-PET容器などがあり、サラダ入れやお惣菜を入れるトレーなどに使用されています。このようにプラスチック容器にはさまざまな種類があるので、使用する際は用途に適した容器を購入しましょう。

プラスチック容器の中には植物などを原料としているものもあります。トウモロコシなどの植物由来のプラスチック容器は、環境にもやさしく、加熱しても有害物質が出ません。このようなプラスチック容器を、バイオマスプラスチック容器といいます。バイオマスプラスチックは、梅干し入れや卵パックなどに用いられています。ほとんどのプラスチック容器が食品を入れることに使用されているため、プラスチック容器を作る際は、食品工場と同じくらいクリーンで清潔な工場で製作されています。安全性に特化したプラスチック容器が数多く販売されているため、食品以外にも安心して使用することが可能です。プラスチック容器は主にお弁当屋さんやお惣菜屋さんなどから高い需要があります。

大量生産に向いている

金属

トムソン立体抜型は、ダンボールや牛乳パックなどの箱を展開図のように打ちぬく加工のことで大量生産などにとても有効な生産方法になります。企業の中でそういった加工が必要なときに依頼しまそう。

詳細を読む

世界的に人気製品

工場

TRONOXが生産している塗料は、酸化チタンが含まれており、見栄えや寿命などのパフォーマンスがとても優れています。建築塗料や工業用塗料として世界的に人気を誇っている製品です。

詳細を読む